あなたの大切な「作業」は何ですか?

今年4月に入社しました、作業療法士の藤野と申します。

長い間、急性期の病院に勤めた後、この度、弊社にて訪問リハビリテーションに携わらせていただいています。今後ともよろしくお願いいたします。

ところで、訪問先のご利用者やケアマネジャーの方々に、「リハビリの人はわかるけど、作業療法士って言われても何者?」と尋ねられることが多々あります。

日本作業療法士協会では作業療法を、『作業とは、対象となる人々にとって目的や価値を持つ生活行為を指す。その作業に焦点を当てた治療、指導、援助である。』(一部抜粋)と定義しています。

また、註釈として「作業には、人々ができるようになりたいこと、できる必要があること、できることが期待されていることなど、個人的な目的や価値が含まれる」とあります。

つまり、食べたり、入浴したり、人の日常生活に関わるすべての諸活動を「作業」と呼んでおり、誰でも「作業」しているのです。

訪問リハビリテーションでは、ご利用者の方々のご自宅に伺い、その人の実際の生活の場で作業療法を提供します。このため、作業を通じてよりその人らしい生活のお手伝いができるのではないかと思います。

現在担当させていただいているご利用者の方々、これから担当させていただくご利用者の方々の、その人らしい生活の獲得を目標に、作業療法士として作業療法を実践していきたいと思います。

ですので、ぜひ教えてください。
あなたの大切な作業は何ですか?

作業療法士 藤野

関連記事

  1. 自然のタイミングと環境

  2. ストリートサッカー

  3. 【大東市】第3回 介護の日ふぇすてぃばる

  4. かけはしカフェ

  5. 今回は「低栄養」についてお話します!

  6. ウィーンに行こう