3Dプリンター体験会!

かなえるリハビリ訪問看護ステーション 作業療法士の下川です。

以前、3Dプリンターの活用について、ファブラボ品川の濱中さまと林さま(作業療法士)をお迎えし研修を行いました。

少しずつ活用していましたが、もっと他のスタッフにも活用してもらいたいと思い、事業所スタッフに向けて体験会を実施しました。

まずは、このストローホルダーをモデリングしてみようと、実際に作成して出力。

数字の「6」をモデルに作成していきます。

なかには個性が強く、他の形での出力にチャレンジするスタッフも(笑)

思い思いにいろんな形で作成し、モデリングから出力までの流れを体験しました。

実際に活用するまではハードルが高いと感じていたようですが、実際に使ってみると、みんなの作業に集中する姿が見れて、もっといろんな人に体験してもらいたいと思いました。

3Dプリンターの活用が広がり、多くのご利用者の自立支援の一助となるように、
これからも試行錯誤しながら活用していきたいと思いました。

作業療法士 下川

関連記事

  1. 今回は「低栄養」についてお話します!

  2. NICU(新生児集中治療室)

  3. ウィーンに行こう

  4. 童謡で元気に!

  5. あなたの大切な「作業」は何ですか?

  6. ストリートサッカー