勉強会を通じてのエコシステム

11/15(金)、住吉区のパドマ訪問看護ステーションとかなえるリハビリ訪問看護ステーション住之江で、合同勉強会を開催しました。

10月に行われた勉強会ので、今回のテーマは「スタッフも利用者も使える腰痛予防」について理学療法士の小西が講義を行い、他のスタッフ協力のもと、実技講習を行いました。

テーマの選定はパドマ側の介護士さんからの要望で、当日熱心且つ和気あいあいとした楽しい雰囲気で終始執り行う事ができました。

実際の在宅の現場ですぐに使えるホットパックや、ストレッチなどポイントをふまえた内容でした。

合同勉強会開催のきっかけは、パドマ訪問看護ステーションさんに訪問した際、「共に困りごとを中心とした勉強会や研修ができないか」と問いかけ、実施に至ったのが始まりでした。おおまかなルールとして、講義形式ではなく、参加型であり、堅苦しい雰囲気ではなくアットホームだが、ポイントはふまえて知識の向上ができる事を、主として取り決めて行うようにと実施しました。

予想以上に盛り上がりをみせ充実した会であったと思います。

また、今回住吉区にある南海ライフリレーションのケアマネジャーさんも参加されて、次回はそちらに会場を移すだけではなく、また別のケアマネジャーさんにも声かけを行い規模を拡大していきます。

参加された他の事業所との連携やつながりが新たなエコシステムを構築できているように思います。
弊社だけでなく、参加された他の事業所も一緒に盛り上がりをみせ、誰もが精神的にも裕福になれる会の運営、企画を継続していく所存です。

看護師 坂井

関連記事

  1. サーキットトレーニング

  2. 他事業所と『合同勉強会』を開催

  3. ステップアップ

  4. マスターマインド