ジャネーの法則

こんにちは、理学療法士の小林篤です。
今年ももう年末ですね。
寒さもいよいよ本格的になってきて、朝ベッドから出るのを諦める季節になってきました。

子供の頃は無限に感じられた時間も、今では1年があっという間に過ぎていきます。
年々時間の経過が早く感じられるようになっていて、おじいちゃんになったらどれだけ一瞬で1年が過ぎていくのかと考えると、だらだらしている時間がもったいないなと思います。

ちなみにこの年を重ねるごとに時間の経過が早く感じられる現象を「ジャネーの法則」というそうです。
Wikipediaからの抜粋ですが「例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。」だそうです。

でも、充実した時間を過ごすことで時間の経過もゆっくりに感じることが出来るとのことです。
まだまだやりたい事はたくさんありますし、仕事やプライベートでの目標を少しずつでも立てて、有意義な日々をこれからも送っていけるように、一生懸命に過ごしていきたいと思います。

これからは寒さも強くなっていきますので、みなさん体調には気をつけて下さい。
ジャネーの法則についてはまだまだ色々と書いてありましたので興味があればググってみて下さい。

理学療法士 小林

関連記事

  1. 私の感染対策

  2. 「趣味」や「興味」の大切さ

  3. 介護ロボット

  4. やればできる!やるのが難しい!

  5. ステップアップ

  6. 世界大会