なぜ介護をするのか、 なぜ介護ができるのか

こんにちは!
かなえるリハビリ訪問看護ステーション都
理学療法士の小山です。

寒くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

私の訪問先に、要介護5のご利用者がいます。
今回は、その方の在宅介護をしている奥さまとしたお話を書こうと思います。

なぜ介護をするのか、
なぜ介護ができるのか、という話になりました。

優しさ、情、義務感、使命感。
私はそんな言葉を予想していました。

でも奥さまが答えた言葉は、
「自然な流れ」でした。
「ほっとくわけにはいかないという気持ちもある」とも仰っていました。

予想と違った言葉に驚くとともに、言葉や絆の深さを感じ、
療法士としてサポートしていきたいとあらためて思いました。

これからますます寒くなっていきますが、
みなさまもお体を大切にお過ごしください。

理学療法士 小山

関連記事

  1. LSVT-BIG

  2. 季節の変わり目

  3. 『感謝』

  4. ひとりの住民として

  5. 節目(ふしめ)と節目(せつもく)

  6. 他事業所と『合同勉強会』を開催