はなのまちウィンターフェスティバルでコグトレ

こんにちは理学療法士の水木です。
1月26日(日)、住之江区で開催されました「はなのまちウィンターフェスティバル」に参加させていただきました。

小学校の教室をブースとして分け、病院や地域包括、マクドナルドなどの企業も参加する中、私たち、かなえるリハビリ訪問看護ステーション住之江としては児童を対象とした『コグトレとビジョントレーニング』の体験ブースを出させていただきました。

コグトレ』は、学習の土台となる認知機能(記憶、言語理解、注意、知覚、推論・判断)を強化するトレーニングです。医療専門職が詳細な検査でお子さんの苦手な部分(認知機能)を見つけ、学習の土台を強化します。また『コグトレ』は、マスコミや全国の多くの学校、医療機関等でも注目されています。(弊社では、コグトレに特化した『コグトレ塾』を2020年1月に開講しています。)

ビジョントレーニングでは、立体的なパズルやゲーム性の高いものなど大人でも楽しめる要素があり、ちょっとした列ができるほどの盛況ぶりでした。

お子さんが一生懸命な表情で取り組み、課題をクリアした時の喜ぶ姿はブースを出した私達もつられて笑ってしまうようなほっこりした時間になりました。

これからも地域の皆さんを盛り上げていけるような地域イベントに参加し私自身も成長していければなと思います。

理学療法士 水木

関連記事

  1. 【大東市】第3回 介護の日ふぇすてぃばる

  2. テイクアウト

  3. サーキットトレーニング

  4. なぜ介護をするのか、 なぜ介護ができるのか

  5. 呼吸や循環

  6. マスターマインド