認知症ケア専門士

こんにちは
かなえるリハビリ訪問看護ステーション サテライト西淀川
言語聴覚士の伏見です。

少しずつ暖かくなり、春の近づきも感じられるようになりました。

さて今回は、認知症ケア専門士についてお話したいと思います。
去年第15回の検定試験を受験し、合格しました。

認知症ケア専門士とは一般社団法人日本認知症ケア学会が認定する民間資格です。

学会が定義する資格の概要は、以下のようになっています。

“認知症ケア専門士とは、認知症ケアに対する優れた学識と高度の技能および倫理観を備えた専門技術士を養成しわが国における認知症ケア技術の向上ならびに保健・福祉に貢献することを目的として設けられた資格です。”
(引用:日本認知症ケア学会認定 認知症ケア専門士 公式サイトより)

リハビリテーションを行う上で、避けては通れない認知症。
2018年時点で、65歳以上の約7人に1人は認知症で、2025年には5人に1人が認知症になるという推計もあります。

ご家族様、施設スタッフの方に関しては、日常の生活に不安を感じたり、認知症の方へどのような対応を取ればよいか悩まれることがあると思います。その際は認知症ケア専門士にご相談いただけたらと思います。

ちなみにサテライト西淀川には、認知症ケア専門士が私を含め2名在籍しています。

すべてはご利用者のため。現状に満足せず、これからも自己研鑽に努める所存です。

言語聴覚士 伏見

関連記事

  1. 介護ロボット

  2. 電話で聴かせてください、あなたの生活

  3. 梅雨入りしました。

  4. 世界大会

  5. ストリートサッカー

  6. あなたの大切な「作業」は何ですか?