能力を落とさないことが大事

初めまして、4月より入職致しました理学療法士の久富と申します。
所属は、かなえるリハビリ訪問看護ステーションのサテライト東淀川です。これから宜しくお願い致します。

さて、最近はコロナウイルスにより生活が一変した方も多いかと思います。慣れない生活にストレスが溜まり、疲れてきているのではないでしょうか。しばらくは今のような生活が続くと思われます。ですので、目の前の日々を乗り切る為に、自分の好きなこと等でストレスを解消することも大事です。

それに加えて、今は想像出来ないかしれませんが、今までの生活が戻って来た時にスムーズに戻れるように、最低限今の能力を落とさないことが大事です。その参考になる記事がありましたので以下に紹介致します。

理学療法士協会 HP参照

簡単に言えば、動かないのは良くないということです。

普段からも気になる運動不足ですが、今の生活は更に助長するような環境です。そんな環境だからこそ、より意識して生活することが重要です。上記の記事を参考にして頂いても良いですし、ご自身が好きな運動があればそれをするのも良いと思います。

但し、共通して言えるのは出来るだけ今まで通りの生活を意識して下さい。制限はありますが、起床・就寝時間、食事等は乱さないことが出来るのではないでしょうか。

それだけでも、体を起こしている時間を確保出来たり等、今後の生活にも繋がります。すぐに効果を実感出来ないかもしれませんが、戻ってくるであろう今までの生活を想定してそれぞれに必要なことに取り組んでゆきましょう。

理学療法士 久富

関連記事

  1. なぜ介護をするのか、 なぜ介護ができるのか

  2. サーキットトレーニング

  3. やればできる!やるのが難しい!

  4. 息子

  5. 呼吸や循環

  6. 世界大会