7月頃から売れ始める“意外”な商品

こんにちは! 理学療法士の三宅です。

7月になり、気が付けばもう1年の半分が過ぎました。
年々歳を重ねるごとに、時間が経つのが早く感じています。
こんな話をするとご利用者からは、「先生、まだ若いのに何言ってるの」と言われてしまいます(笑)

イベントの少ない6月から一転、7月はイベント盛りだくさんの月になります。

七夕、海開き、山開き、土用の丑の日、花火大会とありますが、今年はコロナウイルスの影響でイベントの中止が多いかもしれません。一日でも早く明るい日常が戻ることを願うばかりです。

ところで、「7月頃から売れ始める“意外な”商品」と聞いてみなさん何を思い浮かべますか?

その意外な商品とは、

小学生の必需品「ランドセル」です。意外ですよね。

ではなぜ、ランドセルが7月頃から売れ始めるのでしょうか。
ヒントは「誰が買うか?」です。

特に少子化が進む現代、ランドセルの多くが、祖父母から孫への入学祝として購入されているケースが多いと言われています。

これを受け、入学前、祖父母と孫が顔を合わせる機会の多い夏休み時期にあたる7月からCMを流したところ、売上が上昇。それが定着したそうです。

しっかりと営業戦略が存在したんですね。

実際にご利用者の中にも、購入された方、これから購入される方がいらっしゃいますが、「孫の喜ぶ顔が見られるは嬉しいが、安くない買い物だ」とおっしゃっている方もいます(笑)

今のランドセルはバリエーションが豊富ですよね。
定番の黒、赤に加え、水色、ピンク、緑、紫に茶色!
カラフルなランドセルを店頭やCMでもよく見かけるようになりました。

そんなカラフルなランドセルを背負った小学生たちが自由に走り回る日常に早く戻ってほしいですね。

理学療法士 三宅

関連記事

  1. はなのまちウィンターフェスティバルでコグトレ

  2. 介護士向けの介助方法研修会を実施

  3. ジャネーの法則

  4. 今年の漢字は「令」、みなさんはどんな1年でしたか?

  5. テイクアウト

  6. コロナなんかに負けるな