『感謝』

早いもので、今年も残すところ1ヶ月になりました。

私は自転車でご利用者様のお宅に訪問しているのですが、
毎日、少し寒いですが、晴れた空や移り行く植物の様子を見て、すがすがしい気持ちで移動しています。

風景は変わらず美しいのに、まだまだ新型コロナウイルスの終息が見えない状況ですね。

そんな中、小学校で元気よく走り回っている子どもたちの姿をみかけ、自転車を止めて見てしまいました。
元気な子どもたちの姿をに見て、少し元気をもらいました。

私の姪っ子は小学6年生なのですが、運動会も修学旅行も中止になったと話していて、小学校生活最後の一番盛り上がるイベントがなくなっていくのは、本当にかわいそうだなと感じていました。

緊急事態宣言中、子どもたちは学校に行って勉強することができず、
そんなことを、ご利用者とお話ししていたら「私らも戦争で勉強したくてもさせてもらえんかったよ」と、
大変な時代を生きてこられたご利用者の言葉に今の状況に不満ばかり言っていてはだめだなと、
今まで当たり前にできていたことがどんなにありがたいことであったか、
すべてに感謝して今できることをやっていきたいなと感じました。

今後も感染対策をしっかりして、訪問させていただきます。

作業療法士 澤岡

関連記事

  1. 『VRゲーム』で歩行能力が向上するかも!?

  2. お彼岸のお墓参り

  3. コミュニケーション

  4. 「より良く生きる」って何?

  5. 私は歩いてますよーーー

  6. 今年の漢字は「令」、みなさんはどんな1年でしたか?