まるたけえびすに おしおいけ♪

『まるたけえびすに おしおいけ♪』

京都の方なら、この数え唄を一度は聞いたことがあるのではないのでしょうか。
京都市街地は南北に走る通り、東西に走る通りが無数に交差し、碁盤の目状に作られています。
そんな京都の街を歩く上で知っておくと便利なのが、この京都の通り名の数え唄だそうです。

東西の通りの数え唄

♪まるたけえびすに おしおいけ
あねさんろっかく たこにしき
しあやぶったか まつまんごじょう
せったちゃらちゃら うおのたな
ろくじょうさんてつ とおりすぎ
ひっちょうこえれば はっくじょう
じゅうじょうとうじで とどめさす♪

(♪丸竹夷二 押御池
姉三六角 蛸錦
四綾仏高 松万五条
雪駄ちゃらちゃら 魚の棚
六条三哲 通りすぎ
七条越えれば 八九条
十条東寺で とどめさす♪)

南北の通りの数え唄

♪てらごこ ふやとみ やなぎさかい
たかあい ひがし くるまやちょう
からすりょうがえ むらごろも
しんまち かまんざ にしおがわ
あぶらさめがいで ほりかわのみず
よしやいのくろ おおみやへ
まつひぐらしに ちえこういん
じょうふくせんぼん さてはにしじん♪

(♪寺御幸 麩屋富 柳堺
高間 東 車屋町
烏両替 室衣
新町 釜座 西小川
油醒ヶ井で 堀川のみず
葭屋猪黒 大宮へ
松日暮に 智恵光院
浄福千本 さてはにしじん♪)

  

京都に移住し、かつ今まで病院勤務だった私は、この4月でこちらの訪問看護ステーションに在籍し無事に1年が経過しました。

自転車と車で京都の町を駆け回る日々ですが、ようやく少しずつ碁盤の目がイメージできるようになってきた今日この頃です。

そんな中、あちこちで見掛ける居宅介護事業所や訪問看護事業所。

介護・医療保険制度における訪問看護事業所数は、平成14年の9380ヶ所から平成31年には21101ヶ所へ、一方で病院や診療所数は平成14年の3874ヶ所から1461ヶ所に減少、加えて訪問看護ステーションにおける理学療法士等による訪問が占める割合は、平成21年の15.8%から令和元年の53.9%にまで増加(令和3年4月厚生省発表データより)しているのだそうです。

街で見かける訪問看護事業所の多さは、この推移を見ても、政策の背景とともにいかに在宅医療に対する国民のニーズが高まっているかという現状が理解できます。

多くの方が抱える心身機能の問題を軽減・改善すべく、京の風情ある街並みを感じながら、今日も碁盤の目を奔走します!

言語聴覚士 湯浅

関連記事

  1. 姿勢って、見た目のことを思う以上に大事なんです。

  2. 呼吸や循環

  3. 認知症ケア専門士

  4. やればできる!やるのが難しい!

  5. 言語聴覚士の役割