備えは大切

皆さん、こんにちは。
かなえるリハビリ訪問看護ステーション サテライト平野に所属している
理学療法士の市村と申します。

昨今、経験したことがないような天候になることが多いですね。
40度近い猛暑になったり、最近ではお盆の時期の大雨と長雨が記憶に新しいかと思います。
この天候により影響を受けられた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

これからの9月は台風の季節となります。
今一度、避難する場所やそこまでの経路、一緒に住んでいる方や離れて住んでいる方との連絡方法
持ち出す物等の再確認をされるといいかも知れませんね。

心配のし過ぎもよくないですが、さまざまな事態を想定しておくことで
いざという時に、少し心の余裕を持つことができると思います。
その『心の余裕』が、お守りのような役割を果たしてくれると信じています。

我が家は猫と一緒に暮らしています。
ばかばかしく思われる方もいらっしゃるかもしれませんが
私は彼らも家族だと思っていますので、もしもの時は彼らとも安全に避難できる方法を思案しています。
緊急時に持ち出しやすいように、キャリーケースを廊下につるしているのですが
ある日ふと見ると、写真のように猫が自らキャリーケースに入ってくつろいでおりました。
自主的に避難訓練をしていたようです^-^

感染対策からもしもの時の想定まで……、気を張ることが多く途方に暮れてしまいそうですが
この準備が無駄になり、いつまでも私たちの慣れ親しんだ土地やコミュニティで笑って暮らせることを切に祈っています。

 

理学療法士 市村

関連記事

  1. コロナ禍における熱中症対策