季節の変化と安全運転

皆さまこんにちは。
大東営業所の作業療法士 東(あずま)です。

すっかり秋になりました。
秋といえば「スポーツの秋」「読書の秋」「食欲の秋」など色々ありますが
皆さまはどんな秋を楽しんでいらっしゃいますか?

私は普段、バイクで訪問先へ移動しているのですが
最近は公園など草木のある場所を通過すると
紅葉や草木の変化で、秋を感じるようになってきました。

景色の変化が目にも楽しいですが
そんな季節こそ、運転時の交通事故に注意が必要になります。
一時的であろうと脇見運転になってしまうと
自分では気づかないうちに車間距離を詰めてしまい
交通事故が起こる可能性が高くなってしまいます。

特に交差点での出会い頭の事故、右左折時の追突事故が交通事故の中でも多いと言われています。
ちょっとした気の緩みからくる「おそらく大丈夫だろう」という思い込みが
周囲の状況確認や危険予測をおろそかにして、思わぬ交通事故を引き起こしてしまうかもしれません。
また、日照時間が短くなってきており、早朝や夕暮れ時の運転にますます注意が必要な時期になります。

外の空気が気持ち良い季節だからこそ
改めて気を引き締め、安全運転第一で日々の業務に取り組んでいきます。
皆さまもどうぞ、お気をつけください。

作業療法士 東亮一

関連記事

  1. 目標設定はとても大事

  2. 言語聴覚士(ST)

  3. しあわせ迎える新年

  4. 「お家時間」

  5. 私は歩いてますよーーー

  6. 読書の秋を楽しみませんか?