読書の秋

皆様、こんにちは。
9月より、かなえるリハビリ訪問看護ステーション住之江に勤務しております、看護師の原です。

秋も深まり、すっかり日が短くなってきましたね。
「秋」と言えば、スポーツの秋、食欲の秋、芸術の秋、読書の秋と
様々な楽しみがありますが、私は読書の秋を楽しんでいます。

我が家には7歳と3歳の子どもがいるため
子育て・家事に追われて、なかなか自分の時間を取ることができない日々ですが
少しでも余裕のある日は、お気に入りのお茶を飲みながら本を手にとるようにしています。

最近読んだ本は、森博嗣さんの『勉強の価値』です。

その中で感銘を受けた文を一部、ご紹介します。

『多くの仕事は、マニュアル化されていない。文章化できないようなノウハウが、その仕事の核になっているのだ。
これは、「コツ」と呼ばれたり、「技術」と呼ばれたり、「人間関係」とか、「信頼」とか、
全く別の要素として評価されるものだが、結局は、その個人が勉強したことであり、個人の中に築かれるものだ。』

『教育とは、大人が楽しく勉強しているところを、子供たちに見せつけることなのだ。』

引用元:森博嗣(2020) 『勉強の価値』幻冬舎新書

訪問看護師として仕事を始めて2ヶ月。悩むことや戸惑うこともありますが
ご利用者、ご家族の皆様、スタッフ、家族に支えられて、楽しく働くことができています。
今まで以上に看護という仕事について考え、勉強することが増えました。
これからも勉強することを楽しみ、森氏が述べるように私自身の価値につなげていきたいです。
加えて、私が楽しんで勉強している姿を子どもたちにも見せ、よい教育をしていければと思っています。

皆様も、それぞれの秋を楽しんでくださいね。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

看護師 原

 

関連記事

  1. まごはやさしい

  2. 『ありがとう』の魔法

  3. LSVT-BIG

  4. 『足の爪』について

  5. 読書の秋を楽しみませんか?

  6. おうち時間での発見