ご縁を大切に

はじめまして。
かなえるリハビリ訪問看護ステーション都の看護師 井谷です。

10月からは緊急事態宣言も解除されましたね。
新たな変異株も見つかり、自粛生活が続いていますが
少しは気分転換もできるようになったのではないでしょうか。
皆様はいかがお過ごしですか?

話は変わりますが、私は以前総合病院で勤務しておりました。
ご縁あって当社に入職し、1年4ヶ月が経過しました。
当初は、初めての訪問看護で不安なことも多く
ひとりで訪問してやっていけるのかと心配に思っておりました。
ですが、共に働くスタッフたちの人柄もよく、働きやすい職場だったことで、今日まで勤続することができています。
また、同じ看護師の仕事をしていても
サービスを提供させていただくご利用者は、病院で勤務していたときと年齢層が違います。
ご家族のサポートや介護サービスを受けられながら自宅で過ごされている場面をみて
私もその方の生活を支える一員になりたいと一層強く感じるようになりました。

出会ったスタッフ、出会ったご利用者。
すべて『ご縁』あってのことだと思います。

訪問看護師として働くことで、ご利用者・ご家族との関わりも深くなり
「どうするのがその方のためにいちばんいいか」と考える機会も増えました。
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など、他職種と連携することも大変ですが
その都度報告・連絡・相談を行い、チームでご利用者・ご家族に関わることができている楽しさもあります。

まだまだ未熟ではありますが、せっかく得た『ご縁』を大切に
今後もご利用者・ご家族に寄り添える看護をしていきたいと思っております。

 

 

看護師 井谷

関連記事

  1. 『ありがとう』の魔法

  2. 新入社員ご挨拶【岸和田】

  3. 節目(ふしめ)と節目(せつもく)

  4. 新入職員よりご挨拶【岸和田】

  5. コロナ禍における熱中症対策

  6. 入職のご挨拶【西淀川】