入職のご挨拶【西淀川】

4月より入社致しました看護師の原田と申します。
所属は、かなえるリハビリ訪問看護ステーション西淀川です。
入社して2ヶ月が経ち、業務にも慣れてきましたが、最初は一人で訪問することに漠然とした不安を感じていました。
私は病院での業務経験はありますが、訪問看護は今回が初めてです。
訪問先でのマナーや訪問ならではのケアの方法、訪問に関わる制度、関係機関とのやりとりなど、訪問に関わる知識・技術面はまだまだ経験が浅く未熟だと思いますが、
新人訪問看護師として私が大切にしていることを2つお話したいと思います。

ひとつはご利用者とのコミュニケーションを楽しむこと。
コミュニケーションは、その方を知るための大事な情報源であり、人と人の関係構築には欠かせないものです。
そのため、看護師はコミュニケーションスキルを問われるという印象もあります。
限られた時間や会話の中で、治療や療養生活に関わる情報を引き出すことも大切ですが、
私はその方の知識や経験、考え方にも触れ、私も自分の経験、考えや感情を伝え、相手に私という人間を知ってもらうための会話を意識しています。
実際に話してみると意外な共通点があって話が弾んだり、知らないことをご利用者から教えていただくことも多く
じっくり関われる訪問は楽しいなと日々感じています。

もうひとつは、自分や自分の家族が訪問看護を受けるのであればどう思うかを考え、ご利用者と関わること。
自分自身を客観的に見て、この看護師に診てもらいたいか、知識・技術・経験・誠実さ・丁寧さなどの点において
自己評価を行うこと、自己研鑽に励むことも必要だと考えます。
特に、訪問看護における知識・技術・経験においては私自身の今後の課題ではありますが、今までの経験も活かし、ご利用者に真摯に向き合える看護師でありたいと考えています。

まだまだ未熟者ではありますが、精一杯努力して参りますので今後ともよろしくお願い致します。

看護師 原田

関連記事

  1. 読書の秋を楽しみませんか?

  2. 童謡で元気に!

  3. 自然のタイミングと環境

  4. 広報の仕事

  5. 「老い」について考える。

  6. 社内学術集会での発表