『看護師』としてだけでなく
『チームのひとり』として働く

かなえるリハビリ訪問看護ステーション 看護師 鴨川


Q.訪問看護についてイメージを聞かせてください。

訪問看護って、看護師にとってもまだまだ新しい世界なんじゃないでしょうか。

私自身も、専門学校時代の実習のイメージで「多方面の看護を経験してきたベテランだからこそできるんだ!」と思っていたので、飛び込むには勇気がいりました。

ところが実際やってみると、思ったよりも資格やこれまでの経験を活かせる場面が多いんですよね。

どんな経験も生きてくるのが訪問看護なのかな、と今では考えています。

Q.入社してみてどうでしたか?

実は私、看護師としては10年くらいブランクがあるんです。

妻の勧めで訪問看護ステーションへの転職を決めましたが、気持ちは「イチから学ばせてもらうことはできるのかな……」という感じでした。

ここでは入社後の研修期間で、保険制度・法制度など新しい知識に関してもきちんと時間をかけて学べますし、すぐにケースを任されるのかと思えばそうではなくて。

ケースを担当することになっても、前任者との同行訪問があるので、いきなりひとりなんてことにはならなくて、そこはとても安心しましたね。

Q.働き方はどうですか?

結婚して子どももいるので、土日に仕事が入らないのはありがたいですね。

平日の訪問についても自分の裁量でスケジュールを組むことができるので、その分責任は伴いますが自由度は高いと感じています。

訪問の導線(※利用者宅から利用者宅への移動経路のこと)についても、不便があれば管理者と相談できます。

そこは、この規模で運営している訪問看護ステーションだからできることですね。

Q.今後やっていきたいことを教えてください。

看護師として知識や技術を高めたいというのももちろんですが、今後はより地域に根差したサービスに関わりたいと思っています。

地域の状態やニーズを知り、自分の学びを地域に還していきたいんです。

当社では、地域から講師依頼をいただいたりする機会もあるので、積極的に引き受けていきたいですね。

Q.最後に、訪問看護師として大切にしていることややりがいについて教えてください。

『看護師』に役割を限定するのではなく、さまざまな視点を育て、利用者のためにより良いサービスを提供できるよう心がけるようにはしています。

訪問看護師は『生活を支えるチームのひとり』なので、療法士やケアマネージャーとも連携をして、色々な角度でサービスの提案ができるようになりたいですね。

自分のアイディアを利用者さまに提案して、それが受け入れられたとき、状態が改善したときの喜びはひとしおなので、訪問看護のやりがいを感じています。

あと、訪問看護師って、ご家族にとっては相談役という一面も持っているんです。

一見看護には関係のないような話でも、そこに生活のニーズがあったりする。

なので、とにかくコミュニケーションを取ることを大切にしています。