「訪問看護の魅力」

訪問看護師は、看護師として特別なことをするわけではありません。ただ、病院と違って利用者の生活を管理することではなく、生活を“支える”看護がメインになります。日々の生活を支えるということは、ご利用者がこれまで大切にしてきたこと、いま大切にしていること、これから大切にしていきたいと考えていることの本音の部分に介入していくことです。そんな本音に触れるたび、生活を支えるとは、ご利用者ひとりひとりの人生そのものを支える看護なのだと実感します。在宅ケアにかかわる職種は病院よりも多くなります。ご自宅に伺うのは基本的にひとりですが、訪問するまでに、主治医やケアマネジャーをはじめとした多職種チームメンバーとの話し合いを積み重ねています。この多職種との積み重ねがあるからこそ、ご利用者を家族ごと支えることができていと感じます。

また、在宅ではいつも看護師がそばにいることはできません。タイムリーに医師や多職種に相談できる時間も限られており、利用できる機器にも限界があります。だからこそ、看護師のフィジカルアセスメント能力や判断力を存分に発揮することができます。看護師としての技術や知識向上だけではなく、「このご利用者だったらどうか」と“ご利用者”を第一に考えてご利用者それぞれの価値観の多様性に柔軟に対応できるようになります。このように、訪問看護は看護の専門性を発揮しつつ個別性のある看護を提供することができます。そして、看護師の個性を発揮できるため、看護師としてだけではなく人間的にも成長できます。これが訪問看護の魅力だと思います。