リー・シルバーマン療法
Lee Silverman Voice Treatment
LSVT®BIG

パーキンソン病患者さんに対する新しいリハビリプログラム

最近 こんな症状に困ってないですか?

歩幅が小さくなったと言われる

立ち上がって最初の一歩がなかなか出ない

ボタンを留めるのに時間がかかる

自分の書いた文字が小さくて読みづらい

LSVT®BIGは、このような症状に対する『動作の大きさに焦点を当てた治療プログラム』です。

パーキンソン病の主な症状

①手の震え(安静時振戦)

③姿勢の不安定性

⑤動作の大きさの低下(運動機能低下)

②筋肉が硬くなる(固縮)

④動きの遅さ(動作緩慢)

LSVT®BIGは、動作の大きさの低下と動きの遅さを『治療のターゲット』としています。

LSVTとは

米国のRamingらが開発した
パーキンソン病に特化したリハビリプログラムです。

LSVT®BIG(パーキンソン病の運動障害に対する治療法)
LSVT®LOUD(パーキンソン病の発話障害に対する治療法)

当ステーションでは、理学療法士・作業療法士による『LSVT®BIG』が受けられます。

LSVT®BIGとは

LSVT®BIG認定セラピストとの1対1の個別訓練を1回60分、週4回連続、4週間にわたって実施する。

パーキンソン病の軽度~中等度の方に対して特に効果的、短期的には高い治療効果が期待できる

LSVT®BIGの内容

・身体全体を大きく使った動きを反復回数行う
・日常動作や歩行が大きく行えるように繰り返し練習する

LSVT®BIGの治療目標

・大きな動きを集中的に訓練することで、動きの遅さや動作の大きさに代表される運動障害を改善する。
・運動の適切な大きさを認識・修正する能力を改善する。
・正常と感じている「小さい動作」を、大きいと感じる「正常な動作」へと改善する。

LSVT®BIGの最終目標は
日常生活で大きな動作が行えるようになることです!

LSVT®BIGを受けて

LSVT®BIGを1回60分、週4回連続、4週間にわたり、課題に対して実施した事例を動画にて御覧ください。

歩行介入
介入前の動画はこちら
介入後の動画はこちら
マフラーを着ける
介入前の動画はこちら
介入後の動画はこちら
コートを着る
介入前の動画はこちら
介入後の動画はこちら
袋の中の物を取り出す
動画はこちら

LSVT®BIGを是非、受けてみてください!

・LSVT®BIGを受けてみたいという方は、当ステーションまでお問い合わせください。
・当ステーションのご利用者であれば、気軽にスタッフに声をかけてください。
・仕事をされている方は、夕方(17:00)からでもご予約を受け付けています。

まずはお気軽にお問合せください!

【大阪市 提供エリア(西区、浪速区、港区、大正区)】 TEL:06-6531-3500  担当:久保(くぼ)
【大東市 提供エリア(大東市、四条畷市)】 TEL:072-870-3456  担当:佐治(さじ)