新型コロナウイルスに対する基礎知識を身につけよう⑰

歯周炎が新型コロナウイルス感染症の
重症化をもたらす可能性がある!?

歯周炎が新型コロナウイルス感染症の重症化をもたらす可能性がある!?

今回は、歯周炎(歯周病)が新型コロナウイルス感染症を重症化させる可能性についてお伝えさせていただきます。

歯周病とは

歯周病は、歯と歯茎の境目にある溝(歯周ポケット)にできた細菌の塊が原因で起こる感染症です。歯周病は自覚症状がないまま進行し、末期になると歯槽骨という歯を支える骨が溶け、歯が抜けてしまいます。


https://jfohp.or.jp/info/2020/6300 より引用

新型コロナウイルスと口腔状態(歯周病)の関係

・COVID-19の重症化予防には、エンドトキシンという物質(リポ多糖類:LPS)が関与するサイトカインストーム(ウイルスと戦うために必要なサイトカインという物質を過剰に放出し、自分自身の細胞まで傷つけてしまう現象)とウイルス性肺炎に続発する二次性細菌性肺炎を防ぐ必要があります。


https://www.jda.or.jp/corona/Tooth-and-mouth-health.html より引用

 

このサイトカインストームを引き起こすLPSの多くが歯周病に由来すると考えられ、歯磨きをしないとLPSが血中に入ることが研究から報告されています。

つまり、普段の歯磨きやうがいといった口腔ケアや定期的な歯科検診をすることで、サントカインストームや二次性細菌性肺炎といった新型コロナウイルス感染症の重症化の危険性を減らすことができます。

 

歯周病予防+ウイルス感染対策に向けた口腔ケアの方法

①2分間の歯磨きを1日2回行うこと
②歯間ブラシを使用すること
③定期的に歯垢を除去すること

*歯や歯茎が気になる場合は、歯科で治療してもらうことを推奨いたします。

 

参考