新型コロナウイルスに対する基礎知識を身につけよう㉛

インフルエンザワクチンと
コロナウイルスワクチンの違い

今回、インフルエンザワクチンとコロナウイルスワクチンの違いについて、「効果」「効果の持続時間・有効性」「効果の研究」「副反応」を比較してお伝えしたいと思います。

インフルエンザワクチン

効果

・感染を完全に抑える働きはない。
・最も大きな効果は、重症化を 予防すること。(特に基礎疾患のある方や高齢の方では重症化する可能性が高いと考えられている。)

効果の持続時間・有効性

・発病を抑える効果が一定程度認められているが、麻しんや風しんワクチンで認められているような高い発病予防効果を期待することはできない。

効果の研究

・国内の研究によれば、65歳以上の高齢者福祉施設に入所している高齢者については34~55%の発病を阻止し、82%の死亡を阻止する効果があったとされている。(※1)

比較的多い副反応等

・比較的多くみられる副反応には、摂取した場所の赤身(発赤)、腫れ(腫脹)、痛み(疼痛)等があげられる。接種を受けられた方の10~20%に起こるが、通常2~3日でなくなる。
・全身性の反応としては、発熱、頭痛、寒気(悪寒)、だるさ(倦怠感)など。接種を受けられた方の5~10%に起こるが、通常2~3日でなくなる。

稀な副反応等

・稀にショック、アナフィラキシー様症状(発疹、じんましん、赤み(発赤)、掻痒感(かゆみ)、呼吸困難等)が見られることもある。ショック、アナフィラキシー様症状は、ワクチンに対するアレルギー反応で接種後、比較的すぐに起こることが多い。

 
※1平成11年度 厚生労働科学研究費補助金 新興・再興感染症研究事業「インフルエンザワクチンの効果に関する研究(主任研究者:神谷齊(国立療養所三重病院))」

コロナウイルスワクチン

効果

・現在国内外で新型コロナワクチンの開発が進められ、新型コロナワクチンの効果や安全性等については確認されている。

■発症予防効果

ファイザー社 約95%
武田/モデルナ社 約94%

■重症化予防効果: 症例数が不十分であるが効果が期待
■感染予防効果: 確認されていない

効果の持続時間・有効性

確ファイザー社: 2回目接種後6ヶ月の発症予防効果は91.3%
武田/モデルナ社: 2回目接種後6ヶ月の発症予防効果は90%以上

効果の研究

・ファイザー社、モデルナ社、アストラゼネカ社は、開発中のワクチンを投与した人の方が、投与していない人よりも、新型コロナウイルス感染症に発症した人が少ないとの結果

比較的多い副反応等

・ファイザー社のワクチンでは、接種後に注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢、発熱等がみられることがある。こうした症状の大部分は、接種後数日以内に回復している。

発現割合 コミナティ(ファイザー社) モデルナ(武田薬品)
50%以上 疲労、頭痛、接種部位の痛み 疲労、頭痛、筋肉痛、接種部位の痛み
10〜50% 筋肉痛、悪寒、関節痛、下痢、発熱、接種部位の腫れ 悪寒、関節痛、吐き気・嘔吐、リンパ筋症、発熱、接種部位の腫れ、発赤・紅斑
1〜10% 吐き気・嘔吐 接種後7日以降の接種部位の痛み

稀な副反応等

・海外で既に実施されている予防接種においては、稀な頻度でアナフィラキシー(急性アレルギー反応)が発生したことが報告されている。

     
言語聴覚士 西本

参考文献